ADクレッシュ

口内炎になると何もやる気が出なくなる時ありますよね

口内炎の原因になる要因とは?

 

口の中を噛んだりしときにできてしまう口内炎!

とても気になりますよね。

痛いし食べ物が食べづらくなってしまいます。

噛んで口内炎ができてしまった場合、その場所をできるだけ避けて食べようとすると、さらに別なところを噛んでしまったりと…

そんなわけですぐに治したくても、なかなか治らない場合もあって困りますよね。

また、噛んで口内炎を作ってしまう人の場合、歯のかみ合わせが悪いことが原因になっているようなこともあるようです。

あまりにも頻繁に噛んで困っている…というような方の場合は、一度、歯医者さんで診てもらうと良いでしょう。

ところで、口内炎は噛んだ時にだけできるわけではありません。

口の粘膜が弱っていたり、口腔内に最近が増殖しているような場合にもできやすいのです。

また、胃腸の障害があり、調子が悪い時には、口腔内の粘膜にも影響が出てしまいますから、口内炎が発生しやすい状態になってしまいます。

生活習慣が原因になる場合もありますから、普段の生活を見直すことも大切です。

たとえば、偏食の多い人やビタミンCが欠乏している人は、口の粘膜が傷みやすい状態にあり、口内炎が発生しやすいと言われています。

また、ストレスや喫煙なども原因の一つになるようです。

普段の生活を見直したときに、ビタミンCやビタミン群が欠乏しているかも?
と思った場合は、サプリメントなどによって補うのも一つの方法でしょう。

サプリメントは薬ではありませんから、副作用の心配はあまりありません。

ただ、だからといって、安易にサプリメントだけで欠乏したビタミンを補おうとするのではなく、できるだけ普段の生活を見直し、食生活を改善するよう心がけることが大切です。

 

 

口内炎ができないようにするには

 

口内炎ができないようにするためには、口の中が口内炎ができない環境に整えることが大切です。

例えば、口の中が乾燥した状態になっていると、唾液の分泌量が減ってしまった状態であるため、口内炎もできやすくなってしまいます。

いったいなぜかというと、唾液には、口内の汚れなどを洗い流してくれる作用があるからです。

ところが口内が乾燥し、唾液の分泌量が減ってしまうと、口の中に雑菌が繁殖しやすくなってしまうのです。

唾液には口の中に雑菌が繁殖しすぎないようにしてくれる大切な働きがあるのです。

口内が乾燥する理由としては、次のような原因があげられます。

例えば、口呼吸、ストレス、喫煙、糖尿病などの病気ですね。

口内が乾燥するのを防ぐためにはどうすれば良いのかというと、お茶や水、飴などに効果があると言われています。

また、口の中が乾燥すると、口内炎ができやすくなりますが、他にも口の中を不潔にしていることが大きな原因となるようです。

口の中に細菌やウィルスが多くなると、口内炎ができやすくなるのは当然でしょう。

口の中が不潔にならないようにするにはどうしたら良いでしょうか?

そうですね。

正しい方法による歯磨きやうがいを行うなどの方法があげられます。

また、口内炎の場合、口の中を噛んでしまったり、傷をつけたりすることも原因となりますから、口の中を傷つけないように注意するといったことも考えられます。

例えば、歯磨きのときに、丁寧に磨くのではなくゴシゴシ大慌てで磨いてしまい、口内に傷をつけてしまったような経験はありませんか?

また、食べ物の種類によっては、口内が切れやすいものもあります。

一例ですが、ポテトチップスのようなスナック菓子を食べたときにも、口内に傷をつけてしまうようなこともあるようですね。

食事の後は、丁寧に歯を磨いたり、洗口液などでうがいをすることによっても口内炎を防ぐことが可能になります。

口内の乾燥を避ける、清潔に保つ、傷をつけないようにする…といったことに注意することが口内炎を防ぐことになるのですね。